忍者ブログ

雨の香り。

そこに在ればいい。

[PR]

2017/11/19(Sun)04:36

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

暗闇に淡く燃ゆる

2008/06/10(Tue)20:02

夜の椅子に座り
静寂の海を眺めている

彼方まで濡れた時間
群青色した魚が 揺ら揺ら
彼の深い瞳は滴って 水溜りの月を映す


ささやかな
ささやかな


私の悲しみを食べてください
体の奥の 奥の奥
小さな波紋を産み出す悲しみを



彼は
涙 こぼす
それでも何も言わずに泳ぐから
その影を見つけられないのでしょう



境目の無い海
溶けていく花々
群青色した鱗が 輝ら輝ら



ささやかな
私の悲しみを食べてください
手首の向こう 指の先
見えない泡を吐き出す悲しみも
見えない底に向かって揺ら揺ら
彼を通りすぎてゆく




冷えた暗闇に
仄か 雨水の香り
静寂の海に降る


消えていく
水溜りの月が崩れていく

消えていく
悲しみが 喉を伝う



私達は、
ただの青い愛。
PR

No.11|Comment(0)Trackback(0)

Comment

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 

Trackback

URL :