忍者ブログ

雨の香り。

そこに在ればいい。

[PR]

2017/11/19(Sun)04:36

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

夜の香り

2015/09/04(Fri)14:17

虫の鳴き声が静寂を深くしている
木々と土との境界が溶けていくと共に
それらの水分もまた 暗闇のものになってゆく

森に居らずとも森を感じている
深く息を吸い込む度 細胞の奥の思い出が 全身を巡り 私に辿り着いてくる
高揚と不安が風と共に過ぎて 
また 安息に返す
 
潜むものは 潜んだままで良いと 
夜は落ち着いてゆく
染み込むように しかし どこまでも遠く。  
PR

No.55|未選択Comment(0)Trackback

Comment

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字