忍者ブログ

雨の香り。

そこに在ればいい。

[PR]

2017/09/23(Sat)04:02

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

野焼

2013/02/27(Wed)21:46

暮れていく村に
佇む少女
収穫の終えた田畑は広がり どこか荒廃した空気を醸している
 
無邪気な笑い声が耳元を通り過ぎていく
蛙を突付いて遊ぶ子供達
少女は見ている
夕陽を身に受け 胸の内の蔑みを焼く
焦げた臭いのする
煙が
畑の隅でのぼって
風に乗り 消える
 
カラスが鳴いて 小さな影が橙色の上を滑っていく
雲の影に吸い込まれては現れ 何れ遥かに見えず
夕陽の向こうへ飛んでいく
 
視線を戻すと 子供達はもう居ない
残された蛙が 行き場を失ったように跳ねながら
虚しさを零すだけ
 
少女は 佇んだまま
焼け残った蔑みの燻りを
吐き出せずにいる 
 
蛙を突付かないくらいでは
何も守れない。
PR

No.48|Comment(0)Trackback

Comment

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字